スマートなやりかた(モテる断り方)から学べ!

男女の出会いがあると、必ず行われる儀式が、セキツウ(赤外線通信)によるメールアドレスの交換かと思います。

最近では、IC通信(ドコモ携帯)やバンプ(iPhone同士のアドレスを交換するアプリ)なんかでも行われている恋活儀式です。

勢い余って、興味のない人からのセキツウも雰囲気にのまれてしてしまい、後でウザいメールが来ることがあるかも知れません。

そんな、アナタは賢く誘いを断っていますか?

無視したり、反感買って変な噂を流されたりしていませんか?

まずはスマートではない事例から

「週末はボーイフレンドとデートで忙しいんだぁ」
「ちょっと週末は予定がわからない」

これでは、男の自尊心を傷つけ、不快を与えてしまっています。もう少し男心を勉強した方が良い例と言えますね。

高度な断り方は?

それでは、高度でスマートな女の子の断り方をご紹介しましょう。

ポイント1

まず、誘いに関しては、行きたい気持ちを出しつつ、用事があるので難しいという。

ポイント2

その上で、用事が終わった時点で、私(女の子)の方から誘ってもいいですかというセリフをつける。

例文はこんな感じ

ぜひお食事ご一緒したいとこなんですが、今抱えている仕事で週末もつぶれちゃいそうなんです・・・。大変なんですがあと一息です! 落ち着いたら、こちらからお誘いしてもよいですか?

最後に

若いうちは、チヤホヤされて当たり前かもしれませんが、こういった男心をカッチリ掴んだ断り文句を考えておくのもこれからのモテ女には必要なスキルかもしれません。

相手に全く興味がない場合は誘わなければ良いだけですね。断る時ぐらいは男心を傷つけないようにスマートに断る手法もモテ女に必須です。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/notsogoodphotography/3964641395/)