はじめに

束縛・・・それは付き合う上でどのカップルも一度は話題に上がること。

ここを上手く乗り越えられるかで、その関係が上手く行くか、the End を迎えるかの分かれ道ともいえます。

せっかく付き合ったなら長続きしたい!相手を独占したい!でも相手に負担はかけたくないし、重たくい思われたくない!・・・と思いますよね?

ということで今回は、『相手に気づかれず上手く束縛する方法』をご紹介したいとおもいます。

束縛したくなるワケ

そもそも束縛って、何故したくなるのでしょうか。

  • 相手を独占したいから?
  • 束縛するのは愛情の深さ?
  • 相手が自分から離れてしまう不安を回避するため?

でも人間は追われると逃げたくなる生き物。そして一度近づいたのに逃げられると追いたくなる生き物です。

あなたが束縛すればするほど、彼・彼女の気持ちが遠ざかっていきます。そうするとアナタは余計に束縛したくなり・・・

まさにデフレスパイラルですね。

相手のことが好きだからこそ、相手を「独占したくなる気持ち」はとっても良く分かります。きっとそれはどんなにあっさりした人でも同じでしょう。

束縛したくなるトキ

ではあなたが相手を束縛したくなるときはいつですか?

相手が自分のことを好きだという自信があるならわざわざ独占する必要は無いですよね?

  • 不安だから
  • 心配だから

そう感じた瞬間、人は束縛の気持ちが発生してしまうのです。

また、自分では束縛したと思っていなくても、相手にとってはとっても大きな負担となり、束縛だと思われてしまっていることもあります。

違う人間だから価値観も違うし、やってる方とやられている方で捕らえ方が違うのは仕方ありません。

では、どうしても相手を束縛したくなったときは、どうしたらいいのでしょうか。

束縛したくば放置せよ

「束縛したくなったら放置」してください。

もしかしたら、放置することは人によってはとても苦しいことかもしれません。(もともとあまり干渉しない人にとっては楽なことかもしれませんが)

もし束縛したくなってしまったら気をつけること

  • あえて何も言わずに広い心で受け入れること
  • ちっちゃな事でごちゃごちゃ言わないこと
  • いつも穏やかに、相手を大きな器で包んでいてあげること

こうすることで、相手は、束縛とは間逆の「放置されている」状況にいて、「ストレスフリーなはずなのに、なんか不安・・・。」という状況に見舞われます。

放置するのがいい理由

では、なぜこの束縛とは間逆の方法が有効なのか。それは、放置されることによって相手は不安になるからです。

最初は何も思わないかも知れません。逆にうるさいことを言ってこない相手に対して「いい奴♪」位にしか思ってないかもしれません。

でも相手から何も言われないと後々、放置されている方は、自分のことを好きなのか疑問を抱き始めます。

もし近くで物理的にいつでも会える距離にいる恋人が、数週間会えない状況が何度も続く自分に対して、何も言ってこなかったら、あなたはどう思いますか?

  • 「この人ほんとに私の事好きなのかな?」
  • 「何も言ってこないのは、私以外に誰かいるのかな?」

と思い始めませんか?いくらあっさりした人でも不安になり始め、相手に対して不安になりますよね。

相手が自分のことに対して不安を感じてくれたらこっちのもの。

つまり、自分を束縛したくなる(一途に自分のことを考えてくれる)状況さえ作ってしまえば、もうこっちのもの、なのです!

そう、この方法、自分が束縛したくなるトキの気持ちを利用したものです。相手を不安にさせる(自分の事で不安になっている)ことで、相手が自分を束縛したくなる(自分の事を考えたくなる)。

相手が自分のことを考えてくれているときは、自分が相手を束縛しているのと同じ状況ですからね。

おわりに

いかがでしたか?

自分は束縛せずして実は相手を束縛する。

そして相手も自分が束縛されていることに気づかない・・・でも上手く相手を束縛している。

悪く言えば、相手を手のひらで転がしている。とでも言うのでしょうか。

でも束縛している!というお互いに窮屈な思いをするよりも、ズット楽しい関係が気づけると思いませんか?

放任主義最高!

掴んで離したくなくなる、自分の魅力で束縛できる、素敵男子・素敵女子になりましょう。

(Photo by Redheads need to be free:-) | Fmysza831

関連レシピ