はじめに

※年収1200万円以上という定義でセレブと称しておりますので、予めご了承ください。

セレブ妻になりたい人が、どんな女性になればセレブ妻になれるのか。それにはある条件があります。

セレブ妻になる方法は、その条件をしっかりと満たしていること!

以下の条件と自分を照らし合わせながら読んでみてくださいね。

幸福感=お金ではない女性

自分の幸福=お金と考えているアナタは、残念ながらセレブ妻にはなれません。
たしかに、ここ日本ではお金があれば9割以上の事を解決し、満足できるでしょうが、それが幸福感に繋がるかどうかはアナタの思考しだいです。浪費癖がある女性はセレブ妻にはなれないでしょう。

10年スパンで計画が立てられる女性

短期的に物事を考えている人はセレブ妻にはなれません。年収は現時点での年収であり、その人の資産ではないのです。特に不安定な世の中で、年収が高い人とと結婚したのに翌年の年収が半分になったからって離婚するような女性はセレブにはなれないのです。
5年、10年経った時に相手とどのような生活をしていくかを考えられる計画性を持てる女性になりましょう。

無駄使いせず、コツコツお金を貯められる女性

実際、年収1200万程度では、毎日飲み歩いていたらすぐにお金が底をついてしまいます。
財布のひもが緩い男性には、コツコツためてくれる堅実な女性が必要です。
会社が倒産した時にでも、へそくりを差し出すようなそんな女性がセレブ妻の資格に値します。

精神的な支えになってくれる女性

いつもわがままを言っているような女性は、仕事に支障をきたします。お互いに信頼し合い、尊敬し合える関係になるような女性でなければ、セレブ妻は務まりません。

おわりに

いかがでしたか?
婚活市場をみていると、大抵この4つに問題がある女性がわんさかいます。

30歳を過ぎて焦って婚活している女性は、自分のライフプランが長期的に考えられてないと思われます。

また、30代の「セレブな独身男性」は女性が思っているほど余っていないのも事実です。実際、同い年の経営者仲間では、1割も独身はいませんよ。

セレブ妻になるための結論

結論としては、妥協ではなく自分の思考を変えて、5年後10年後にこの男性をセレブに変えていくという下支えができる女性がセレブ妻への一番の近道なのかも知れません。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/angel-visha/4122592923/)