彼氏に女らしく家庭的だと思われる幸せレシピ

彼氏に女らしく家庭的で、しかも、優しい子だなと思われ、幸せになれるレシピがあります。

それは、ずばり、お花好きになること!!

お花好きになろう

男性は、女性が『お花が好き』だといったら、まず、ネガティブなイメージは抱きません。

きっと、ロマンチストで、女らしい子だと思ってくれること請け合いです。

そのためには、あなた自身が、お花好きになって、それをさりげなく彼氏にアピールすることが大切です。

  • デートなどでは、綺麗な花が咲いていたら、ひとこと、「綺麗だね」と言うようにしましょう。 
  • 携帯で綺麗に撮れた花を写メで彼氏に送るというのも、良いアイデアです。
  • デートでショッピングモール等に行くとき、お花屋さんがあったら、店先で立ち止まってみるのもいいかもしれません。

好きな花をアピールしよう

一番、好きな花を思い浮かべ、それを彼に告げましょう。

特定の花を具体的に告げることで、彼氏は、その花を、あなたへと関連付けてくれます。

彼のあなたへの思いが強ければ強いほど、彼は、その花を見るたび、鮮明にあなたを思い描いてくれるはずです。

デートは、お花畑に行こう!!

デートで遠出するとき、四季の花々を見に行くのはどうでしょうか?

  • 4月  桜 チューリップ 
  • 5月  バラ さつき
  • 6月  アジサイ ラベンダー 
  • 7月  朝顔 ひまわり
  • 8月  コスモス ふよう
  • 9月  キンモクセイ ヒガンバナ
  • 10月 菊 パンジー

日本は、四季の花々に恵まれた自然豊かな国です。

少しインターネットで検索すれば、植物園や、自然公園で、さまざまな花を見ることが出来ます。

たまには都会の喧騒を忘れて、少し遠くの自然に触れるのも、なかなか良いものです。

彼氏とお花畑を散歩したら、きっとまったりとした良い雰囲気になることでしょう。

お部屋で植物を育てよう

彼氏が家に訪ねてきたとき、たとえば玄関先に、フラワーアレンジメントや、小さな鉢植えが飾ってあったら、ああ、この子は、女の子らしく心優しい子だなと思ってくれることでしょう。

バラが一輪、小さな花瓶に無造作に生けてあるだけでも、かなりの高ポイントだと思います。

男性は、そういう女性の細やかな心遣いに惹かれるものです。

時間とお金に余裕があれば、いけばなやフラワーアレンジメントを習うというのもいいですが、そこまでしなくても、小さな鉢植えの観葉植物を2鉢ほど置くだけで、ずいぶんとお部屋の雰囲気が変わってきます。

料理にも、使おう

彼氏に料理を振舞う機会があるのなら、ぜひ、ハーブや、スプラウトを育ててみましょう。

イタリアンパセリなどは、どの料理にも合い、また、ベランダなどのプランターで簡単に育てられます。

お菓子作りが趣味ならば、ワイルドストロベリーを育てましょう。葉や実はお菓子に使うことができ、丈夫で、花も可憐で草姿も可愛くお勧めです。

スプラウトは、栄養的にも優れてますからそういう点も含めて、野菜炒めなどに入れて、さりげなく彼氏にアピールしてください。

変り種では、きのこの栽培キットとかも、面白いかもしれません。

彼氏と収穫まで楽しめてしまいます。

彼氏に植物を贈ろう

植物を育てることに自信が出てきたら、ぜひ、彼にも、植物を育ててもらいましょう。

お花屋さんや、雑貨店で売っている小さなサボテンや観葉植物をプレゼントしましょう。

渡すときに、名前をつけてあげると良いかもしれません。

バラやセントポーリア、シクラメンやランなどは、扱いが難しく、ベテランでも枯らしてしまうことがありますので、彼氏にプレゼントするときは、まず、育てやすいものを第一に考えてください。

二人の共通の話題ができ、会話も弾むようになるでしょう。また、なにより、彼氏の情操教育にも良いですよ。

詩的に表現すると、こんな感じです  (注:外部リンクです)

最後に

お花を好きになり、育てるということは、やさしい心を育てるということと同義であると思います。

道端に、はかなくも気丈に咲いている花を見ると、人は暖かい気持ちになるものです。

育てている花に元気がなくなると、何とかしてあげたいと思うでしょうし、ハーブを育てることで、食に関する感謝の気持ちも沸いてくることでしょう。

そういった過程において、あなたは、必ず、女らしく、また、家庭を思いやることが出来る優しい心を持った女性に、なれるはずです。