はじめに

最近「婚活・婚活」という言葉を耳だこのように聞く毎日であります。

周りの女性たちもアラフォーともなれば、アラサーよりも焦りは増しているのではないでしょうか・・・。

もちろんそんな焦りを自分では出しているつもりも無く、今までと同じようにしているつもりでも、やはり会話の端々に結婚に対する焦り、所謂「ガツガツ」感が出てきてしまいます。

自分がそんな姿になっていたら、ちょっと恥ずかしですよね。

そこで今回は、少しでもその「ガツガツ」感を出さない為に、どんな質問をすると男性が引いてしまうかをご紹介したいと思います。

この質問だけはNG

どんな質問をすると男性は、女性が「結婚に対し焦っている」「結婚を意識している」とおもうのでしょうか。

職業・収入

最初は相手の収入を利くのも気がひけていたのに、最近感覚が麻痺して相手の年収をオブラートに包むことも無く聞いてしまってはいませんか?

最近では初めて会ったときから相手の収入、職業を聞く女性が異常に増えています。

たしかに、結婚相談所でも、女性が希望する男性を検索する際には年収を選ぶことが1つの判断材料になっています。

結婚相談所のような場所では相手が収入検索をしていることが分かりつつも、露骨に見えるものではないのでそうゆう探し方もいいでしょう。

しかし、実際、男性は自分の収入を聞かれると、心のどこかで相手に違和感を覚えます。

もしかしたら、その違和感に本人でさえも気づいていないかもしれません。

しかしこの違和感、その時は良くてもあとあとひっかかります。

少なくとも1回か、2回くらいあった程度で相手の収入まで聞くのはやめましょう。

お金と結婚するわけじゃないですよね・・・?

学生時代から付き合っている彼がいるとしましょう。

もしその彼が低収入だったらどうですか?

あなたは低収入だからといって、結婚ができないと思いますか?

大好きな彼だったら、収入が少なくたって彼と共に頑張っていこう!とは思いませんか?

お金と結婚するわけではないです。

結局はお互いがときめき、この人しかいない!と思える瞬間が訪れたときに、「結婚」という形になって表れてきます。

本来、結婚とは共に助け合い、この人となら苦労も乗り越えられる!喜びも悲しみも共感したい!と思った相手とするものです。

確かにお金があることに越したことはありません。生活面の苦労もせず、いらない喧嘩もしなくて済みます。

しかし、本来人間は心から支えあえる相手といたほうが、お金があるよりも豊かな人生を送ることが出来ます。

おわりに

いかがでしたか?せっかくの人生です。心から一緒に楽しめる、お金に固執しない相手を見るける「婚活」をしましょう!

Photo by http://www.flickr.com/photos/cobacco/3341058770/