ギャップをつくろう

ギャップとは、隙間や差異などを現す言葉ですが、このギャップを利用し、異性に好印象を抱かせることができます。

恋愛の場合においてのギャップとは

恋愛においてのギャップとは、見た目と行動(言動)の差異のことを差します。これを意図的に演出することにより

「この人、普段はこんなだけど、時にはこうゆう一面もあるのだな」

という印象を与え、異性の気を引くための技術として使うことができたりします。

ギャップの種類

ギャップの演出方法には様々な種類があります。ここでは大まかに3種類ほどに分け紹介したいと思います。

持ち物でギャップ

自分の印象と持ち物の印象とのギャップを演出します。
  
もし、自分の外見や普段の行いがざっくばらんとした大雑把なもので、男らしい印象であれば、それとは正反対の物をさりげなく使うことでギャップを演出します。

「男らしい」の正反対となる例

  • キャラ物の文房具
  • 車の中にぬいぐるみ

などがあげられます。

普段ハンカチやティッシュなど絶対持ち歩かない。という人はそれを持ち歩くだけでもギャップになります。

行動でギャップ

普段行わないことや、やりそうにないことを行うことによりギャップを演出します。行動によるギャップには様々なパターンがあります。

例1:優しさをアピールする

  • 突然飲み物を奢る
  • 仕事を手伝う
  • 気落ちしている人を慰める

例2:「デキる」奴と思われるためのアピール

  • 綺麗な字を書く
  • テーブルマナーが出来ている
  • 運動神経が良い
しかし、いずれの行動も、自分とのギャップでなければ意味がありません。普段から優しい人は少しぶっきらぼうに接しなければいけないパターンもあります。

この「行動によるギャップ演出」は効果が高いです。

実際に“急に優しくされたので好きになってしまった”という知人もいるようです。

言動でギャップ

今度は言動によってギャップを演出する方法です。

多くの場合、ギャップを見せたい対象に直接伝えることなので、うまくこなすことができればとても良い効果が得られます。言葉で伝えるものなので表現は限られますが、以下の例を参考にしてみてください。

  • 将来の目標や夢を熱く語る
  • 泣きごとや相談をする

これらは中々評価が高いようです。

しかし、自分語りになったり、相手を暗い気持ちにさるような言動は避けるといったことに注意も必要です。

最後に

今回ここでご紹介しているもの例は、あくまでも自分の印象との差異を演出する手法なのでご注意ください。ここと同じことをやっても「ギャップ」と見なされない人もいるということです。

自分が何をすれば「ギャップ」となるのかは、日頃自分がどのようなイメージを周囲に持たれているかを知る必要があります。

最後に、注意点をご紹介して終わりにしたいと思います。

ギャップの演出に必要な注意点

  • 自分の個性を理解する
  • さりげなく
  • 自分のプラス要素となる印象は壊さない
  • 自分の新たな一面を見せる手法である

このポイントに気をつけながら「ギャップの演出」を試してみてください。

Photo by http://www.flickr.com/photos/limaoscarjuliet/3305886294/

関連ライフレシピ