はじめに

恋人から突然別れを告げられたけど、原因が分からない!という経験のある人はいませんか?

人によって癇に障る部分は様々だと思います。だからこそ、自分のしてしまった行動のどこは悪かったかが分からないのなのですが・・・。

しかし、ちょっとでも気をつけるために人の癇に障りそうなことを頭に入れておくことは出来るはず。

ということで今回は、自分で知らないうちにやってしまっているかもしれない「別れの原因」をでご紹介したいと思います。

別れを告げたくなる相手の行動

その1:束縛してくる

束縛が嫌いな人にとって、束縛されることは、想像以上のストレスになります。(参考:恋人を束縛したくなったときの対処法

その2:ケータイを見る

ケータイは個人情報満載です。相手が見ても良いよ、といったとき以外は見てもいいことが無いので、相手の携帯を見るのは辞めましょう。

その3:友達の悪口を言う

人によっては悪口を言う人を見て影で自分も言われていると考える人もいます。

その4:食べ方が汚かった

食べ方は自分で自分の姿は見れないから意外と盲点。気になった人は家族に見てもらい、自分の悪い点を指摘してもらいましょう。

その5:別れ際に笑顔が無い

終わりよければすべてし、とはよく言ったものです。恋人との別れは寂しいかもしれませんが、最後は笑顔でバイバイをするようにしましょう。

その6:言い方がキツイ

話し方は本人は自覚が無いのがキツイところ。でもちょっとした意識で話し方は変えられます。興奮すると自分の言い方がキツクなってしまう自覚のある人は、少しいつもよりゆっくり目にしゃべるようにするだけで、きつさが和らぎますよ。

その7:よく怒る

怒る人と一緒に居たいと思う人は少ないのではないでしょうか。

その8:なにがあっても友達ばかり優先する

必ず恋人を優先させなくてはいけない、ということではありません。先に恋人と約束していたのに、自分が友達と遊ぶ方が楽しい!という本能のままに動くタイプの人に対して相手にとっての自分という存在はなんなのかが分からなくなってしまい、別れを切り出すパターンです。

その9:虫を異様に怖がっていた

女性の場合はOKですが、男性がゴキブリや蜘蛛などの虫に遭遇したときに、誰よりも怖がっている姿があまりにも情けなく見えてしまう傾向にあります。

その10:口を開けば自慢ばかりする

これは自分の自慢だけに限りません。友達の話をしているのに自慢してる人がいます。「お前がすごいわけじゃないだろ!」と思わず突っ込みたくなる瞬間です。

その11:ナルシスト

自分のことをカッコいい、可愛いと思っている人に対してです。
そのような人は発言の端々に自分が優れていると思っているという感じが出てしまうので、本人は一番気づきにくいでしょう。
自分のことをすごいと思っている人は、まず、自分のことをすごいと思うことをやめるのが一番の対策です。

その12:頑張ってる感が見えた

一生懸命さにキュンとする人もいますが、中には「頑張りすぎててもっと余裕のある寛大な男性が良い」と思う女性もいるので、交際中で今自分に余裕の無い人は少し心に余裕を持てるよう頑張りましょう。

その13:金銭感覚が合わない

育ってきた環境が違うので、こればっかりは仕方ないかもしれませんね。

その14:ケチであることに気づいていない

大きな事を言っているのに行動がケチだったとき。節約とケチは違います。ケチは生まれつきの傾向が強いので、気をつけましょう。

その15:遅刻魔

遅刻してる自覚があり、悪気があればまだいいものの、遅刻している自覚が無く、謝りもしない人に対しては、人としてがっかりしますね。

その16:自分の友達を紹介しない。

友達に合わせてくれない、自分の普段の話をしない人に対して不信感を抱き、別れを告げるパターンです。

その17:毎日の予定を根掘り葉掘り聞いてくる

聞かれているほうは疑われている様で、嫌な気分になるようです。

その18:実はかっこよくなかった

近くで見たら顔が良くなかったケースです。コレは仕方ないですね。

その19:甘えてきた

母性本能くすぐられるタイプはいいですが、中には甘えられるのが嫌な女性もいるので気をつけましょう。

その20:服装について指摘してくる

逐一自分の着ている服装について文句を言われると、「相手の色に染まりたい」タイプの女性はいいですが、「自分」を持っている女性いに対しては頭を悩ませる言動でしょう。

その21:夢を熱く語っているのに行動が伴っていないことに気づいた瞬間

夢を持つことはとってもいいことですが、かなえられる見込みがないものについては、あまり大きな事を言い過ぎないように気をつけましょう。

その22:友達が受け入れられないジャンルばっかりだった

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、友達を見てその人を判断する人もいます。

その23:恋人の家族が冷たかった

結婚を前提に付き合っている人にとって、相手の家族が自分に対して冷たいのはちょっと考えてしまいます。

その23:笑いのつぼが違った

笑いのつぼが一緒であることを重要視する人も中にはいます。

その24:いつも相手より自分が優れていると思っている

負けず嫌いに多いパターンです。自覚症状のある人は発言に気をつけましょう。

その25:マザコンだったとき

男性は8割がマザコンですが、異常なまでのマザコンは時に人を引かせます。また、子離れできていない母親を目の当たりにしたとき、女性は引いてしまいます。

おわりに

いかがでしたか?気づかないうちに自分がやってしまっているかも・・・と思い当たる節があった人もいたのではないでしょうか?
他に皆さんは相手にいえなかった別れの原因にどんなものがあるでしょうか?たくさんの意見お待ちしております!

関連レシピ