合コン・初デート、最初のギクシャク、どうする?

合コンに参加した時や合コン後の初デートでは、うまい話題が見つからず、最初のコミュニケーションがどうしてもギクシャクしがち。

最初だけならまだいいんですが、そのギクシャクした感じがずーっと続いてしまった!なんて合コンやデートの苦~い思い出がある方も、たくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。せっかくの合コンや初デート、楽しく、良い出会いの場にしたいですよね?

そんなギクシャクを解消する方法をご紹介します!

スムーズに親密感を増す、シンプルな方法。

このライフレシピはそんな大事な場面で、親密感を深める単純な方法です。合コンやデートに限らず、親密感を増し、コミュニケーションを円滑にしたい時にはいつでも使ってOK!です。

やることはすごくシンプル。(そのわりに効果はテキメン!)

仲良くなりたい人と、動作を合わせる。

これだけ。

え~?これだけ? ハイ、これだけです。

単純ですが、これだけで、英語が辛うじてしゃべれる程度の方が、初対面の外国人とものすごく良くなっちゃうくらいの威力はあります。

そっくりそのまま、大げさに合わせなくても大丈夫。

動作を合わせる、と言っても、ダンスの振り付けみたいに、そっくりそのまま真似なくてもOK。相手が足を組んだら?片方の足首をもう片方の足首に乗っける。相手の手・腕が動いたら、その動きを何分の1かに縮小した形で真似てみる。そのくらいでも十分効果はあります。

続けているうちに、意識しなくてもあなたと相手の動作が自然と合ってくるようになります。コップを取るタイミングが全く同時になるとか、座りなおすタイミングが一致するとか。こうなった頃には、親密感がかなり深まり、あなたと相手の方の間に、深い安心感にも似た空気が流れていることでしょう。

これは、ミラーリング効果といって、相手の行動を真似ることで行為を伝え、相手にも無意識にそれが伝わるという効果です。心理学の研究でも実証済と言われています。

上級者編: 呼吸のペースも相手と合わせてみよう!

観察力が豊かな方には、相手の方の動きなどから呼吸のペースを読み取り、自分の呼吸のペースを合わせてみる、というのもオススメです。呼吸というのは、「無意識と意識のインターフェイス」などと言われる運動なだけに、ここを合わせると、さらに効果が上がります。

練習して慣れてくると、親密感が深まるまでのスピードも早くなります。合コンやデートが間近に迫っている方は、普段の会話などで練習してから当日を迎えてみてはいかがでしょうか。