「食べ方が汚い・・」って思われていない自信はありますか?

食べ方が汚い人って、残念ながら存在します。

とてもキレイな女性でもクチャクチャと音を立てて食べていると「美しい」なんて思いませんよね?男性でも同じことが言えます。

そんな人を見たとき、「この人、どんな育て方をされてきたんだろう・・・」とすら感じる人だって少なくありません。

このように「食べる」という行為は、その人の暮らし、センス、人間性、生い立ちなど全てが表れると言っても過言ではありません。美意識をもって食べることを心がけましょう。

特に初デートで食事に行く際、緊張も手伝って汚い食べ方にならないように気をつけましょう。

基本、大口を開けるのは禁止

お腹がすいている時、おいしいものを食べる時、ついついアーーンと大きな口を開けていませんか?

これを「かわいい」で許されるのは10代前半までと認識しましょう。

そう、つまり大人は基本大口を開けて食べてはいけません。もちろんTPO、相手によって多少許されますが、常に意識していないと「ここぞ」という場面でもついつい出てしまいます。

どうしても大口になってしまう食べ物の時

ハンバーガーなど、どうしても大口になってしまう食べ物のときのコツをご紹介します。

それは「包み紙」を広げながら食べ、できるだけ口を隠すようにして食べるということです。このちょっとした行為で女性の品格が違ってきます。

マヨネーズなどが口につきやすいので、サッとふけるように紙ナプキンを手元に準備しておくことも大切です。

歯形にも気をつけよう

ハンバーガーなどは歯形も付きやすいですよね。でも、一口かじった後その両端をかじるようにすれば歯形がなくなり見た目がキレイになります。

歯形がくっきりついたままだと、どうしても品がなく見えてしまいます。カジュアルなハンバーガーでも、少し気をつけるだけで差がつきますよ。しっかり意識しましょう。

学生の時の初デートはハンバーガーショップが多いかもしれませんが、きれいに食べることができるものとして、オムライスがオススメです。パスタはきれいに食べるのが難しいので避けておきましょう!

食べながらしゃべらない

気がゆるんだり話が盛り上がるとついついやってしまうのが「口に食べ物がある状態でしゃべる」ということ。これは子供ですら許されない最低限のマナー。絶対にやってしまわないように気をつけましょう。

口に食べ物がある状態で話を振られた時は、手を口にあて「今食べています」というアピールをすればOK。

話を振った相手が「あ、ごめんなさい。食べてからでいいですよ」と気づいてくれます。