はじめに

あなたは恋人と言い合いになったことはありますか?

今まで育ってきた環境も、過程も、何から何まで違う相手です。人生観や価値観に相違があって当然です。

ですが、これから人生をともにしていこうと思う相手ならそこも乗り越えていかなくてはなりません。

そこで今回は意見の相違があった場合の解決方法をご紹介したいと思います。

意見に相違があった場合は?

相手に対してすぐに「ダメ」の烙印を押すのではなく、話し合いをするようにしましょう。

話の内容によっては、克服できる問題とそうでない問題が出てくると思います。中には結婚を断念したほうがいい問題も出てくるかもしれません。

相手のことが好きなとき、その人の嫌な部分、気になる部分というのは何処かしら気付いてはいるものの見えないようにしてしまうもの。

でもその部分が自分の中ではっきり認識できたときはがっかりせず、むしろチャンスだと思ってください。

結論はあせらず!じっくり話し合いをしましょう。

客観的なアドバイスも大切

自分を知るには第三者を通してこそ分かる、というように人は第三者があってこそ、そのひとが出来上がります。

その人の姿が世間からどういう風に映っているのかを知ることもとっても大事な要素のひとつです。

友人や先輩にみてもらう

では誰に見てもらうのがいいのでしょうか。また、紹介する雰囲気も重要となってきます。

第三者に選ぶポイント

  • 自分の性格を良く知っている友人
  • 自分とは反対のタイプ
  • 年齢の近い既婚者(いる場合)

紹介するのに最適な状況

  • 堅苦しくない雰囲気
よくなれた場所やホームパーティーを開いたときに呼ぶと恋人も友達も導入しやすくなります。

友人ならきっと二人の相性を客観的に判断してくれるはずです。

おわりに

如何でしたか?十人十色、みんな違ってみんないい。そのことを念頭に置きながらいればきっと今ある問題も、どうってこと無かったことだと思えるはずです。

様々な意見を取り入れるのも重要なポイントです。柔軟な考えを持つようにしましょう。