メールを制するものは恋を制す

今や「恋のスタートはメールから」、と言っても過言ではないような気がします。

そんな大切なメール。適当に送ったりしていてはもったいない。しっかりと基本をおさえてこのアプローチ方法で片思いを両思いに変えちゃいましょう!

片思い中にありがちな「片思い男性の気持ちがわからない」なんてことも、これで解消です!

メールで運命を感じさせるメール術

1:下準備

「やっほー元気?」「今日は何をしてるの?」のような、当たり障りのないメールを作成して、相手のアドレスを入力し、下書き保存します。

「おはよう」「こんばんは」など、時間によって変わる挨拶と、下書き作成時間を特定されそうな話題は避けましょう。

2:タイミングを計る

メールのやり取りが1日以上空くのを待って、相手からメールが来るのを待ちます。メールが来た瞬間、保存ボックスからメール送信!

メールを熟読する前に、受信メールがお目当ての相手だとわかったら、即送信しましょう。

3:偶然を装う

受信メールに対して、「すごい!同時に送信したんだね!」と偶然に驚く振りをしましょう。 その直後のメールのやり取りは、普通に交わしてOKです。

繰り返す

上記工程1~3を繰り返します。

3の偶然を装う際、「また同時!」「この確率はすごいよね!」と、だんだん偶然にしてはタイミングが合い過ぎる雰囲気を醸し出していきましょう。

とどめ

4を5~6回繰り返した後、「これはもはや運命?(笑)」と、【運命】という言葉を出します。相手には「よくタイミングが合う人」だと思われているので、「確かにこれは運命を感じるかも!」と思ってくれるはず。

【運命】という言葉は重いので、絵文字や(笑)などで、ライトな感じを演出しましょう。

おわりに

運命なんてバカバカしい・・・と思っている相手であっても、何度もあるとちょっと意識してしまうもの。どんどんと運命を演出しちゃいましょう!

こちらもどうぞ