はじめに

女の子とのデートで、食事をする機会は多いと思います。時にはスタミナをつけるために、焼肉を食べることもあるのではないでしょうか。そこで今回は、女の子にも喜んでもらえるように、「焼肉デートを成功させるためのポイント」を紹介させて頂きます。

焼肉デートを成功させる方法はコレだ!

1:デートの前日までに、焼肉を食べに行くことを女の子に伝えておくこと。

焼肉は洋服に臭いがつきやすく、さらには油がはねる恐れもあるので、女の子は焼肉に対応できる洋服を選ぶ必要があります。従って、女の子には前日までに焼肉を食べに行くことを伝えるようにしましょう。

2:自分勝手に注文しないこと。

率先して注文して、男らしさをアピールすることは大切です。しかし、女の子の要望を聞かず、一方的にすべてのメニューを注文してしまうと、女の子がストレスを溜める場合もあります。女の子の食べたいものを聞くことも大切です。

3:紙エプロンがある場合には、率先して身につけること。

紙エプロンをつけるとき、恥ずかしがる女の子もいます。男性が率先して、紙エプロンを身につけ、「一緒につければ、恥ずかしくないよ。」とアピールしましょう。

4:お肉の管理は女の子に任せること。

最近では「自分の分は、自分で焼きたい派」の女の子が増えてきました。お肉は自分で焼きたい派かあまり気にしない派か行く前にさりげなく話をしておくのも焼肉デートを成功させる秘訣かもしれませんね。女の子の方が「焼肉慣れ」している場合には、男性が仕切ろうとせず、お肉の管理を女の子に任せても良いでしょう。しかし、あまり率先して食べない女の子の場合はお肉を焼いて、女の子をエスコートしてあげましょう。いかに相手の女の子のリズムに乗れるかが腕のみせどころです。

5:焼肉に関するウンチクを語り過ぎないこと。

興味のない話を聞かされた場合、女の子は退屈だと感じてしまいます。女の子から焼肉に関する情報を求められない限りは、ウンチクは控えた方が良いでしょう。

6:美味しそうに食べること。

美味しそうに焼肉を食べる男性の姿にウットリする女の子もいます。自己アピールのチャンスだと思って、美味しそうに食べましょう。

7:食べ過ぎに気をつけること。

焼肉を食べすぎて満腹になると、精神的な余裕がなくなり、女の子に対して気を遣えなくなるリスクもあります。食べ過ぎには注意しましょう。

8:女の子がガツガツ食べていても引かないこと。

女の子がガツガツ食べている姿を目の当たりにしても、引かないように注意しましょう。むしろ、微笑ましく見守り、心の広さをアピールしましょう。

9:食後のデザートにも配慮すること。

デザートは別腹だと捉えている女の子もいます。女の子がデザートを頼みやすいように配慮することも必要でしょう。

おわりに

如何でしたか?女の子と焼肉デートをするとき、他にはどのようなことに注意しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております

関連記事

この記事はスゴレンが提供しています。