はじめに

デート後、女の子からの連絡が途絶えてしまった・・・そのような苦い経験を持つ男性もいるのではないでしょうか。その原因のひとつに、デートにおいて相手の女性が逃げ出したくなるような思いをさせてしまった可能性もあります。そこで今回は、失敗を未然に防ぐために「デートにおいて女の子が逃げ出したくなる瞬間パターン」を紹介させて頂きます。

デートにおいて女の子が逃げ出したくなる瞬間はこれだ!

1:久しぶりに会ったら、顔がイメージとかなり違った瞬間

初対面での挨拶が異様に暗い場所だった場合に考えられるケースです。可能であるならば、明るい場所で挨拶するなど、このような状況を回避しましょう。

2:私服が激しくダサかった瞬間

ジャージやスエットなど、近所を散歩するような格好や、一般には受け入れがたいファッションだったケースです。ファッションに不安な人は、友だちに事前にチェックしてもらい、客観的な指摘を受けても良いでしょう。

3:まったく会話が続かなった瞬間

お互いの好みや考え方、性格を見定めることが、デートの役割のひとつです。まったく会話が続かない場合、相手のことを知ることができないばかりか、女の子に気を使わせることになり、ストレスを与えます。女の子の話を聞き出し、会話を続ける努力が必要となります。

4:行き先の決まらないドライブを続けられた瞬間

ドライブデートにおいて、行き先を決めずに時間だけが流れるパターンです。1時間くらい経ってから、「どこに行くの?」と女の子に聞かれ、「俺も分からない」と言えば、当然女の子は冷めてしまうでしょう。行き先は事前に決め、女の子に楽しんでもらいましょう。

5:寒い中(暑い中)長いこと外を歩かされた瞬間

デートにおいて、目的地まで駅から結構かかるときがあります。そんな時、女の子を長く歩かせるのは禁物です。あなたの中のプランでは楽しく会話を交わし、駅から目的地まで歩いて行こうと考えているかもしれませんが、女の子にしてみたら寒い中(暑い中)外を歩かされることの苦痛により出てくるはずの会話無くなって来てしまします。女性は基本、お姫様扱いされることに喜びを感じるので、駅から10以上歩くような場合はタクシーに乗るくらいの心意気で居ましょう。外を歩くのに季節があまりいいと感じられない時期のお店選択の際、駅近は必須ですね。

6:食べ方が汚かった瞬間

食事のマナーが悪かった場合、一緒にいる女の子が不快になるだけではなく、周りの視線を集め、女の子に恥をかかせることもあります。食事のマナーはしっかりと身につけたいものです。

7:下ネタなどの品のない話を大声で話された瞬間

品のない話を大声で話されることで、女の子に恥をかかせることになります。最近では下ネタが好きな女子も居ますが、やはり大声で話されたら嬉しくはないですよね。どんなに楽しい話題でも、内容によっては控えることも必要でしょう。

8:デートが失敗だらけで、露骨に男性が凹んでしまった瞬間

デートが失敗だらけで凹んだ男性の面倒まで見きれない女の子も多いようです。デートの反省は女の子と別れてからジックリとやりましょう。

9:いきなり「彼女」「彼女候補」として友人に紹介された瞬間

友人たちに披露するパターンです。付き合うことが確定していない段階では、女の子も戸惑ってしまうでしょう。必要な手順を経た上で、友だちに「彼女」として紹介しましょう。

10:「子ども、好き?」など付き合っていないのに、結婚を匂わされた瞬間

付き合う前にも関わらず、結婚を意識した質問を繰り返すパターンです。家事力をチェックするため、「料理できる?」「キレイ好き?」などの質問を投げかけるのもこのパターンに含まれます。結婚を意識することはとても大切なことですが、付き合う前の段階では、ツッコミ過ぎない方が無難でしょう。

おわりに

如何でしたか?女性が逃げ出したくなるようなデートは、他にはどのようなケースがあるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。

関連記事

この記事はスゴレンが提供しています